炭酸水の効用

炭酸水の健康面での効用



炭酸水の健康面での効用
【疲労回復】
疲労の原因は、筋肉にたまった水素イオンが原因で、これが疲労物質・乳酸の正体だそうです。

水素イオンがたまると筋肉は酸性に傾き、エネルギーが作り出せず、活動が出来なくなってしまいます。

この時、炭酸水を飲むと炭酸に含まれる重炭酸イオンが水素イオンと結びついて水と二酸化炭素に変化し、尿と呼吸によって体外に排出してくれます。

そのため、乳酸がたまった運動後の尿は酸性になり、体内は逆に正常なアルカリ傾向に戻っていくそうです。


【整腸作用】
炭酸は、胃の中でガスを発生させます。

すると脳は消化が始まったと勘違いして、腸へ消化物の受け入れ態勢を整えるように指示を出します。

その指令を受けた腸はぜん動運動を始めるので、ミネラル炭酸水は便秘にも効果的だそうです。

おすすめなのは、朝食前にコップ一杯程度飲むことです。


【血行増進】
上記説明のように、炭酸水によって重酸素イオンが体内で、水と二酸化炭素に変化すると、血液中に二酸化炭素が増えるため、酸素が欠乏します。

その結果、血流を増やして酸素を多く送り込もうとするので、血行が良くなり、身体の表面温度も上昇するそうです。





プライバシーポリシー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。